Googleタグマネージャー(GTM)のワークスペースとは

目次

\ 筆者情報 /

たくろー
くくのち管理人・SEOマニア
とある企業でインハウスSEO担当をしています。当サイト「くくのち」では、個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジをメモしています。記事内容でわからないことがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。できるだけお答えいたします。

Googleタグマネージャー(GTM)のワークスペースとは

Googleタグマネージャー(GTM)のワークスペースとは、コンテナ内に用意された作業部屋のようなものです。

無料版では3つまで。有償版では無制限にワークスペースを作れます。デフォルトでどんなコンテナにも一つのワークスペースが用意されており、一人で作業するならとくに気にせず使っていて問題ありません。

例えば担当者が3人いたとして、Aさんにはクリック計測に関する変数の調整を。Bさんにはスクロール計測のトリガーを。Cさんには計測ツールのタグ設置をお願いしていたとします。

同じ部屋の中で同時に作業してしまうと、誰かが失敗したときに他の作業に干渉してしまったり、プレビューしたときに他の人の作業内容も一緒に再現されてしまったりと、あまり業務効率が良くありません。

そこで「ワークスペース」という形で3人それぞれに部屋を分けて与えることで、他の作業が干渉しない中で作業ができるようになります。

GTMのワークスペースを活用するメリット

完了した作業から順次公開できる

少々難しい変数の調整をしている中で、簡単な計測ツールのタグ設置を済ませてしまいたくなるようなシーンがあります。

これは複数人で作業していようとも、一人で作業していようとも同じです。

例えば変数の調整をするワークスペースと、計測ツールのタグを設置するワークスペースを別で用意して作業すれば、変数の調整途中でも計測ツールのタグだけ先に公開できてしまうのです。

時間のかかる作業は一旦置いておいて、公開したいものから順次公開していくような運用ができるのは、ワークスペースを活用するメリットと言えます。

公開前に差分をチェックできる

複数人が同じワークスペースで作業していると、別の人が作業した箇所を意図せず触ってしまい、あちらのタグは発火するけれどこちらのタグはダメ……といった状況になる可能性もあります。

しかしワークスペースを分けて作業していれば、同じ箇所を別の2人が触っていたとしても、公開前に「どちらを活かしますか?」という差分チェックが入ります。

複数人で作業する際、無用なトラブルが起こりにくくなるのが、ワークスペースを活用する大きなメリットです。

GTMのワークスペースの使い方

ここからは、ワークスペースの使い方について解説します。

ワークスペースを作成する

ワークスペースを作成する場合、まずはコンテナに入りましょう。

上記画面で「ワークスペースを管理」へと進むと、下記の画面へ。

右上の「+」を押すと、ワークスペース作成画面へと進みます。

左上にワークスペース名を入力。説明文が必要であれば入力して、右上の保存を押せば作成完了。

自動的に、作成したワークスペースへと移動しています。

作業するワークスペースを変更する

作業するワークスペースを変更したい場合、またトップ画面から「ワークスペースを管理」へ。

作業したいワークスペースの行をクリックすれば、ワークスペースが変更されます。

ワークスペースを編集・削除する

ワークスペースを編集したり削除したりする場合、ワークスペース行の右にあるインフォメーションマーク「i」をクリックします。

するとワークスペースの編集画面へ。名称や説明文を編集したい場合は、編集して保存を。

ワークスペースを消したい場合は下記の通り、右上の「…」をクリックして「削除」へ。

消すワークスペースを間違えないようにだけ注意してください。

GTMのワークスペースをうまく活用しよう

ワークスペースは、うまく使えば作業効率がグンと上がる機能です。

個人では活用する機会も少ないかもしれませんが、重い作業と軽い作業のワークスペースを分ける癖をつけておけば、細かく作業を進められたりと大変便利です。

ぜひGoogleタグマネージャーの活用にお役立てください。

GTMとGA4を活用して、ブログやWebサイトのアフィリエイトリンククリック数を効率よく計測したくありませんか?

変数とトリガー、タグを組み合わせたクリック計測設定は、学習に多くの時間がかかります。導入支援をさせていただく場合、1タグにつき5万円〜の価格設定になります。

今回はそんなクリック計測設定をリーズナブルに導入していただけるように、GTMの設定ファイルと運用マニュアルを配布販売しております。アフィリエイトリンクを主題にしていますが、基本的にどんなURLにでも流用可能です。

自力でGTMのクリック計測設定をするのが難しい方、挫折してしまった方は、ぜひ下記noteから購入をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

とある企業でインハウスSEO担当をしています。個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジを、メモ代わりにお届けしています。

目次