GTMのコンバージョンリンカーとは?必要性や設定方法を解説

今回は、わかりそうでわかりにくい「コンバージョンリンカー」について解説します。

結論だけ言えば、Google広告から流入したアクセスのコンバージョン計測をしたい場合に設置しておくべきものです。広告配信していない場合は、とくに設置する必要はありません。

コンバージョンリンカーの必要性や設定方法についてまとめましたので、GTM活用にお役立てください。

目次

\ 筆者情報 /

たくろー
くくのち管理人・SEOマニア
とある企業でインハウスSEO担当をしています。当サイト「くくのち」では、個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジをメモしています。記事内容でわからないことがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。できるだけお答えいたします。

GTMのコンバージョンリンカーとは

GTMのコンバージョンリンカーとは、Cookieの受け渡しをサポートする機能であり、Google広告のコンバージョントラッキングに必要なタグです。

Apple社のブラウザ「Safari」には、ITP(Intelligent Tracking Prevention)というプライバシー保護機能がついています。このITPは、複数のサイトを横断したCookie(3rd Party Cookie)の受け渡しを制限するものです。

例えばGoogle広告から自分達のサイトに流入した人のユーザー情報(3rd Party Cookie)をブロックする場合があります。

それでは広告の効果測定ができないため、コンバージョンページに「コンバージョンリンカー」を埋め込むことで対応します。

コンバージョンリンカーがコンバージョンページに埋め込まれていた場合、その前にクリックされた広告クリック情報が関連付けられ、3rd Party Cookieに頼らないコンバージョン計測が可能になります。

GTMのコンバージョンリンカー設定方法

それでは、GTMでコンバージョンリンカーを設定する方法を解説します。

1. タグの作成へ進む

まずはタグの作成に進みます。

「タグ→新規」と進むと、下記の画面へ。

2. コンバージョンリンカーを設定

「タグの設定」をクリックすると、タグタイプ一覧が表示されます。

この中から「コンバージョンリンカー」をクリックします。すると下記の画面へ。

基本的にはこのままタグ設定は触らず、トリガー設定に進めば問題ありません。

必要がある場合のみ、任意でオプションにチェックをつけて設定します。

オプションの内容
  • すべてのページ URL でリンクを有効化 = ドメイン内のリンクにもパラメータが付く
  • ドメイン間でのリンクの有効化 = ランディングページとコンバージョンページが別の場合も計測を引き継ぐ
  • Override cookie settings (advanced) = もし同じ名称のCookieがすでにある場合などに、Cookie設定の上書き設定をおこなう

3. トリガーを設定して保存

トリガーには「All Pages」を選ぶか、別途コンバージョンページにだけ配信するPage URL指定のものを設定します。

難しければ「All Pages」で問題ありません。下記画面のような状態になります。

タグ名をわかりやすく「コンバージョンリンカー」などに変更して、保存して公開すれば設定完了です。

まとめ

コンバージョンリンカーは、それ単体ではとくに意味を成しません。

Google広告のコンバージョントラッキングと組み合わせることで、正確な計測を可能にしてくれるサポート要素の強いタグです。

配信している広告のコンバージョンを計測する場合は、ぜひ活用してください。

GTMとGA4を活用して、ブログやWebサイトのアフィリエイトリンククリック数を効率よく計測したくありませんか?

変数とトリガー、タグを組み合わせたクリック計測設定は、学習に多くの時間がかかります。導入支援をさせていただく場合、1タグにつき5万円〜の価格設定になります。

今回はそんなクリック計測設定をリーズナブルに導入していただけるように、GTMの設定ファイルと運用マニュアルを配布販売しております。アフィリエイトリンクを主題にしていますが、基本的にどんなURLにでも流用可能です。

自力でGTMのクリック計測設定をするのが難しい方、挫折してしまった方は、ぜひ下記noteから購入をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

とある企業でインハウスSEO担当をしています。個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジを、メモ代わりにお届けしています。

目次