GTMのカスタムHTMLとは?使い道や使い方を解説

今回はGTMのカスタムHTMLについて解説します。

初心者からすれば、一見何に使うかわかりにくい機能ですが、中身を知ればシンプルです。

ぜひ有効活用していってください。

目次

\ 筆者情報 /

たくろー
くくのち管理人・SEOマニア
とある企業でインハウスSEO担当をしています。当サイト「くくのち」では、個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジをメモしています。記事内容でわからないことがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。できるだけお答えいたします。

GTMのカスタムHTMLとは

GTMのカスタムHTMLとは、タグ設定の一つとして用意されている機能です。

GTMのタグ設定には、有名な計測ツール用のタグが複数用意されています。

例えばGA4やGoogle OptimizeなどGoogleが用意しているツールを始めとして、PinterestやTwitterの広告CVを計測するためのタグなど、その内容はさまざま。

しかし、GTM側で専用タグが用意されていない計測ツールも存在します。そんなときに、ツール側が「GTMを使って実装するなら、このコードをカスタムHTMLに貼って使ってください」とコードを用意してくれている場合があります。

(例えば「ミエルカヒートマップ」などが、GTMのカスタムHTML用のコードを用意してくれています)

そんな計測コードを貼るのが、カスタムHTMLというタグの使い道です。

GTMのカスタムHTMLの使い方

1. GTMの新規タグ作成画面へ

まずはGTMにログインして「タグ→新規→タグの設定」と進み、下記の画面へ。

「カスタムHTML」を選びましょう。

2. 計測コードをペースト

すると下記の画面になります。HTMLの箇所に、コードをペーストしましょう。

計測ツール側が用意してくれているものを、そのままペーストするだけです。

3. トリガーを設定

次にトリガーを設定します。

だいたいの計測ツールは「All Pages」で問題ないはずですが、もし特定のページだけを計測したいなど特殊な条件であれば、別途トリガーを作成して設定してください。

4. タグ名をつけてプレビュー・公開

最後にわかりやすいタグ名を付けて、プレビューして発火していることを確認したら公開します。

GTMのカスタムHTMLの取り扱いはシンプル

GTMのカスタムHTMLは、基本的に計測ツール側が用意してくれているコードを貼るための機能ですから、使い方はとてもシンプルです。

GTMを経由することで、WebサイトやアプリのHTMLをいじらなくて良い分、簡単に計測ツールを導入できます。ぜひ気軽に活用していってください。

GTMとGA4を活用して、ブログやWebサイトのアフィリエイトリンククリック数を効率よく計測したくありませんか?

変数とトリガー、タグを組み合わせたクリック計測設定は、学習に多くの時間がかかります。導入支援をさせていただく場合、1タグにつき5万円〜の価格設定になります。

今回はそんなクリック計測設定をリーズナブルに導入していただけるように、GTMの設定ファイルと運用マニュアルを配布販売しております。アフィリエイトリンクを主題にしていますが、基本的にどんなURLにでも流用可能です。

自力でGTMのクリック計測設定をするのが難しい方、挫折してしまった方は、ぜひ下記noteから購入をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

とある企業でインハウスSEO担当をしています。個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジを、メモ代わりにお届けしています。

目次