カテゴリーページのSEO対策を解説。適切な階層構造にしてインデックスさせる

当記事では、ブログやWebサイトに用意する「カテゴリーページ」のSEO対策について解説します。

カテゴリーページは、SEO対策上とても大切な要素です。

読者が読みたい記事に辿り着きやすいよう、またクローラーが多くの記事を効率よくクロールできるように、カテゴリーページを整理していきましょう。

目次

\ 筆者情報 /

たくろー
くくのち管理人・SEOマニア
とある企業でインハウスSEO担当をしています。当サイト「くくのち」では、個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジをメモしています。記事内容でわからないことがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。できるだけお答えいたします。

カテゴリーページとは

カテゴリーページ例

ブログやWebサイトのカテゴリーページとは、記事をジャンルごとに整理する小部屋のようなものです。

例えば「Googleタグマネージャーの導入方法を解説する記事」と「Googleタグマネージャーのトリガーについて解説する記事」があったとして、それぞれバラバラに公開しておくだけでは、知りたい情報に辿り着きにくいサイトになってしまいます。

しかし「計測」などのカテゴリーページを作って両記事をまとめておくことで、カテゴリーページを見るだけで欲しい情報に辿り着きやすいブログになります。

これは読者にとっても、検索エンジンのクローラーにとっても同様です。

人間やロボットにとって、どこにどんな情報があるのか分かりやすいWebサイトにするために、適切なカテゴリーページを設定しておきましょう。

カテゴリーページのSEO効果

カテゴリーページのSEO的な効果を、もう少し掘り下げて解説しておきます

サイト全体のクローラビリティを良くする

カテゴリーページのもっとも重要な役割は、サイト内のページを効率よくクロールさせるハブになることです。

例えば「SEO」というカテゴリーページをクローラーが見つけたとして、そのカテゴリーページから複数のSEOに関連する記事へとリンクしていることで、クローラーが各記事へと辿り着きやすくなります。

関連情報へのリンクがページ内にたくさんまとめられていることで、クローラーから見たカテゴリーページの評価が高くなります。評価が高くなると、よくクローラーが訪れるようになり、より各記事へのクロール頻度も上がることが期待できます。

カテゴリー分けをしっかりと設定しておくことで、クローラビリティの良いブログを作れるのです。

カテゴリーページ自体でキーワードを対策できる

またカテゴリーページ自体で、何らかのキーワードを対策しておくこともできます。

例えば「ブログ」「筋トレ」「北海道」など、ビッグキーワードと呼ばれる1単語のキーワードをカテゴリ名に設定しておくのが一般的です。そのカテゴリの中に、カテゴリ名に関連する記事がたくさん公開されることで、カテゴリページの含む情報量が多くなってページ評価が上がります。

ブログやドメインが育っていけば、カテゴリーページが検索結果にランクインするケースも少なくありません。

SEO対策になるカテゴリー分けの方法

それでは、ブログのカテゴリー分けをSEO視点で最適化する方法を解説していきます。

あくまでSEO対策にこだわりたい人向けですから、細かい部分をすべて実現する必要はありません。必要な部分を取捨選択して取り入れて、ブログ運営に活かしていってください。

階層構造になるカテゴリー設計をおこなう

カテゴリー設計では、階層構造を意識することがもっとも大切です。

ブログのトップページが頂点になり、カテゴリーページで整理して枝分かれさせていくようなイメージで設計しましょう。例えば下記図のような設計になります。

カテゴリー分けが綺麗な階層構造になっていないと、カテゴリーページ自体が検索エンジンから受ける評価が下がり、クロール頻度も落ちる懸念があります。

各カテゴリーに英数字のURLスラッグを設定する

またカテゴリーを作成したら、スラッグとして固有のURLを設定しましょう。

デフォルトではカテゴリ名の文字列がそのままスラッグに入ってしまいますが、できれば英数字で、カテゴリ名を英文であらわすとスマートです。

例えばカテゴリ名が「ブログ」なら「blog」と。「食べ物」なら「food」などと設定しておくのが基本です。

1記事には1カテゴリーだけ設定する

クローラビリティの観点では、1記事には1カテゴリーだけ設定されるブログ構成にするのがベターです。

同じ記事が別のカテゴリーページにも表示されることが多くなるほど、それぞれのカテゴリーページの内容が重複してしまい、各カテゴリーページが受ける検索エンジンからの評価が落ちる可能性があります。

基本的には各カテゴリーページがすべて固有の内容になるよう、1記事には1カテゴリーだけを設定しておきましょう。

カテゴリーページのタイトルも特定のキーワードを狙う

カテゴリーページのタイトルは、そのカテゴリーに関連した何らかのキーワードを対策した文字列にしましょう。

カテゴリー名とは別にタイトルテキストを設定するのも良いでしょうし、カテゴリー名自体を対策キーワードにするのもおすすめです。

ただし、個別記事で狙う予定のキーワードをカテゴリページに設定してしまうと、ページ同士の評価がカニバってしまう可能性があります。

基本的には、個別のブログ記事たちで狙う予定のキーワード群の最上位にあるような1単語のビッグキーワードを、カテゴリページ名として設定しておくことをおすすめします。

カテゴリーページはsitemap.xmlに含めてインデックスさせる

カテゴリーページは、クローラビリティを上げるための重要なページです。

よってsitemap.xmlにはカテゴリーページを記載して、検索エンジンにインデックスさせましょう。sitemap.xmlをプラグインで作成しているなら、多くの場合プラグインの設定で制御できます。

カテゴリーページがハブになり、各記事にクローラーがうまく回るような導線になるのが理想です。

他のアーカイブページはnoindexにしてsitemapに含めない

これは少し上級者向けのTIPSです。カテゴリーページをクローラー導線の主軸にするため、その他のアーカイブページはnoindexにしてsitemapに含めなくすることをおすすめします。

とくに「新着記事一覧」のアーカイブページは、掲載される内容が各カテゴリページとすべて重複してしまいます。検索エンジンから重複コンテンツだと判定される可能性がありますし、そもそもカテゴリページからクロールされれば十分ですから、新着一覧のアーカイブページはnoindex推奨です。

タグページも同様で、カテゴリーページとページ内容が被ってしまうことが多くなりますから、noindex推奨です。

そこまで優先度は高い施策ではありませんが、SEO最適化したい場合は、各アーカイブページの取り扱いも含めて検討してみてください。

ブログのカテゴリー分けに関する注意点

最後に、カテゴリー分けに関する注意点をご紹介しておきます。

タグの切り口とはまったく別の内容で設計する

もしタグも運用する場合、カテゴリーとはまったく別の内容で設計しましょう。

例えば筋トレブログだったとして、体の部位でカテゴリーを切り分けたとしたら、タグはジャンルで切り分けるようなイメージだと上手くいきます。

カテゴリーとタグの例
  • カテゴリー:「上半身」「下半身」「腕」「肩」「脚」 etc…
  • タグ:「自重」「マシン」「ダンベル」etc…

あくまで一例ですが、カテゴリはあくまで「階層構造」になる切り分けを。タグでそれら階層を横断するような切り分けになるように検討してみてください。

ちなみにタグは、無理に設定する必要はありません。下記の記事もご参考ください。

カテゴリーを深く掘り下げすぎない

カテゴリーを何層にも掘り下げすぎると、各カテゴリーページに含まれる情報量が少なくなり、かえってクローラビリティが悪くなる可能性があります。

そこで基本的には「親カテゴリ・子カテゴリ」の2階層までにしておくのがセオリーです。この二段階で整理できないようなら、そもそもカテゴリー分けの方法を間違えている可能性もあります。

基本的には2階層までで整理できるようにカテゴリー分けを考えてみてください。

横のカテゴリーと粒度を揃える

カテゴリー分けをする際には「情報の粒度(りゅうど)を揃える」という意識が大切です。

再度「筋トレ」を例に出しますが、例えば「上半身」というカテゴリと横並びで「下半身」カテゴリがあるようなカテゴリー分けは、粒度が揃っています。

一方で「上半身」というカテゴリと横並びで「脚」や「お腹」があったら、少々粒度にばらつきが出てしまいます。こうなると、さすがに読者が混乱してしまいます。

とにかく「階層」を意識して、情報の粒度を揃えるようにするのが大切です。

適切なカテゴリー分けはSEO対策につながる

カテゴリー分けは意外と奥が深く、また意外と適当に済ませてしまいがちなポイントでもあります。

SEO対策にこだわるなら、ぜひしっかりとカテゴリーの設計を考えてみてください。

SEO対策の本質的には「記事コンテンツ」や「キーワード構成」が大切ではありますが、それらをサポートする意味でカテゴリー分けにもこだわっていきましょう。

GTMとGA4を活用して、ブログやWebサイトのアフィリエイトリンククリック数を効率よく計測したくありませんか?

変数とトリガー、タグを組み合わせたクリック計測設定は、学習に多くの時間がかかります。導入支援をさせていただく場合、1タグにつき5万円〜の価格設定になります。

今回はそんなクリック計測設定をリーズナブルに導入していただけるように、GTMの設定ファイルと運用マニュアルを配布販売しております。アフィリエイトリンクを主題にしていますが、基本的にどんなURLにでも流用可能です。

自力でGTMのクリック計測設定をするのが難しい方、挫折してしまった方は、ぜひ下記noteから購入をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

とある企業でインハウスSEO担当をしています。個人サイト規模でも活かせるWeb分析に関するナレッジを、メモ代わりにお届けしています。

目次