tag : 食

都会のキノコ2010(2)観察会

講師:大舘 一夫 他

日時:2010年7月3日(土) 12:00-16:00 (小雨決行)

森の下にはさらに森が広がっている! 「地下の森」であるキノコの世界。この東京の大地にも、驚くべき勢いで繁茂している地下の森とその突端であるキノコたちを、きのこ入門を主催されているキノコ研究家の大館さんの案内で見ていきます [...]

都会のキノコ2010(1)

講師:大舘 一夫 他

日時:2010年6月5日(土) 13:00-14:30

森の下にはさらに森が広がっている! 「地下の森」であるキノコの世界。この東京の大地にも、驚くべき勢いで繁茂している地下の森とその突端であるキノコたちを、きのこ入門を主催されているキノコ研究家の大館さんの案内で見ていきます [...]

都会のキノコ3

講師:大舘 一夫、長谷川 明

日時:1月9日(土)13:00-14:30

森の下にはさらに森が広がっている!「地下の森」であるキノコの世界。この東京の大地にも、驚くべき勢いで繁茂している地下の森とその突端であるキノコたちを、キノコ研究家の大館さん、長谷川さんの案内で見ていきます。

都会のキノコ2

講師:大舘 一夫、長谷川 明

日時:11月28日(土)13:00-14:30

森の下にはさらに森が広がっている!「地下の森」であるキノコの世界。この東京の大地にも、驚くべき勢いで繁茂している地下の森とその突端であるキノコたちを、キノコ研究家の大館さん、長谷川さんの案内で見ていきます。 「きのこの観 [...]

『料理民俗学入門』(くくのち学舎出版部より書籍発行のお知らせ)

くくのち学舎出版部がスタートいたしました。 第一弾として刊行するのは、 『料理民俗学入門』 著:イヴォンヌ・ヴェルディエ / 訳:中沢新一 (A6版/80P) です。 著者のヴェルディエ女史は、フランスの人類学者で、1 [...]

ノグソフィア -糞とエコロジー (2) レポート

3回連続講座のノグソフィア、2回目の講座です。前回の講座レポートはこちら。 今回がはじめての参加者の方も多いため、前回のおさらいから。 自分たちだけが栄えればいいという人間の身勝手さに反発した講師の伊沢正名さんは、食物連 [...]

ノグソフィア -糞とエコロジー (3)

講師:伊沢正名

日時:11月7日(土) 15:00-16:30 13:00スタートとしていましたが、15:00の間違いです!(10/14修正)

水に流すなんてもったいない。 糞は野に、山に、土に返すのが本道である! 通俗エコロジーに唾ならぬ糞をかけながら、過激にして笑いに満ちた、”ノグソフィア=野の糞の智慧”講座。 *第三回 11/7 「おしりで見る葉っぱ図鑑」 [...]

食べ物の起源神話を読む レポート

2009年9月5日、いよいよくくのち学舎が正式始動しました。 今日の一つ目の講座は、芸術人類学研究所の石倉敏明さんを講師とした神話研究シリーズ第2回「食べ物の起源神話を読む」。今回はゲストとして、ドキュメンタリストとして [...]

ノグソフィア(1) レポート

くくのちの講座の中でも異彩を放っている「ノグソフィア」第一回目の講座がついに開講です。 講師の伊沢正名さんはみずから糞土師と名乗り、意識的野糞を実践しています。 もともとキノコの写真家として活躍されていた伊沢さんですが、 [...]

いのちの種を未来に

くくのち農講座(2)

講師:野口 勲

日時:9月19日15:00-17:00

くくのち農講座の第二回は、タネのお話。 次の季節、未来の世代に豊かな実りを贈るため、小さな粒の中に大きな成長を内包したタネ。 タネを考えることで、自然と人間の関係、技術と食の関係の過去、現状、そして未来が見えてきます。 [...]