くくのちのモリプロジェクト:モリPJ 活動レポート

第5回くくのちのモリプロジェクト植樹祭2013 しぜんの国保育園レポート

posted on 2013/06/03

s177820748_org

今回の春の植樹祭は、東京都町田市にある「しぜんの国保育園」で5月18日に行われました。くくのちのモリプロジェクト主催としては初めて多摩美術大学以外での植樹祭です。しぜんの国保育園さんとは、多摩美の芸術人類学研究所を通じてご紹介頂き、今年の3月10日に初めて足を運んで話をさせてもらってからとんとん拍子に話が進んで3月28日の下見、5月11日のマウンドづくりを経て、この日に至っています。

177833134_org

ここには公園の木々とは違う、もくもくとしたモリが育つはず、子供たちはどんなことを感じるでしょう、とメンバーも張り切っていました。

177820040_org

午前9時に集合、前の週に植樹の仲間の助けを借りて掘り起し整えた植樹地を、もう一度ふっくらさせるように掘り起します。シートをかけてあったせいか、土は結構柔らかなままだったので一時間ほどで終了し、11時の開始を待ちます。天気もますます晴れていくみたい。

177821097_org

11時少し前から、少しずつ一般参加の親子連れが集まり始めます。最初はちょっといつもと違う保育園の雰囲気のせいかおとなしかった子供たちも、だんだん元気に走り回り始めます。そして一団の園児たちが到着してみんな揃い、いよいよ植樹祭の開始です。

177822506_org

まず、保育園の理事長でもある同じ敷地の簗田寺の住職、齋藤謹也さんからのご挨拶、次に保育園の園長、齋藤紘良先生のお話、いつも助けて頂いている研進(進和学園の営業窓口会社)の出縄社長からのご挨拶と続き、プロジェクトの隊長とメンバーから植樹の仕方についての説明がありました。

177822464_org

みんなわかったかなー。あ、隊長、苗木をポットから抜く前に土を掘ってね。隊長も子供たちの前でちょっと緊張?

177822762_org

そして、いよいよ植樹のはじまりはじまりー。まず、どれにしようかなーと苗木のポット選んで水に浸し、シャベルを持っていざ植樹地へ。坂になっているので気をつけてねー。

177831433_org

初めのうちはスペースもたくさんあるので、お母さんと一緒に植える場所を見つけてまず穴を掘ります。もう少し縦に深く掘った方がいいですよー。そしたらポットからそーっと苗木を抜いて、穴の中で支えながら、土をほっこりするようにかけていきます。よくできましたねー。じゃあもう一本やってみる?

177831714_org

初めのうちはちょっと遠慮気味だった子供たちもだんだん熱中してきたかな、あの子はさっきから何本植えてるんでしょう。あ、みみずだー、おとうさん、見てー。

IMG_2467

だんだんスペースがなくなってきました、どこに植えたらいいの? あの辺まだ空いてますよー。と言っているうちに苗木もなくなってきました。

177832039_org

と、ふと横をみるとちとくさんのロックバランシングが大変なことになっています。なんで崩れないんでしょう……。

177832080_org

苗木を植え終わったら、地面が見えなくなるまで藁を敷き詰めていきます。雑草が生えるのを抑え、乾燥を防ぎ、いずれは肥料になるんですよー。今度は大人が少しがんばって子供たちはお手伝い。

177832242_org

最後にロープで藁を固定して、はい、おしまい。この辺はまだまだ進和学園さんの技と力に頼ってしまいます、いつもほんとにありがとうございます。

177832695_org

最後に植樹地の周りに集合して記念撮影、これから子供たちといっしょにすくすく育っていくといいな。そのためにはしばらく雑草をとったりしてお世話をしないとね。
秋にはまたここ、しぜんの国保育園で、おおきなマウンドを築いて頂いたうえに植樹を行う予定です。みなさん、また来てねー。

手伝ってくれたたくさんのみなさん、ありがとうございました。(岩)

177835794_org
(完成した植樹地とロックバランシング)