お知らせ

お知らせ

くくのちのモリプロジェクト見学会(12/23)レポート

posted on 2011/01/03

当日は寒いという天気予報を信じて、着膨れて出かけたところ、日向はぽかぽかでした。
鶴川駅で待ち合わせ、バスに乗って10分くらい。妙福寺前で下りて、山道を辿ります。

01下三輪横穴墓登山口

↑登山道入り口の道標、これで道に迷うことはないですね

落ち葉がいっぱい積もった細い道を、しばらく登っていくと分かりやすい表示が見えて、雑木林の続きのこんもりした崖に、下三輪横穴墓群四基がひっそりと暗い口を開けていました。写真では奥まで見えるように写っていますが、木立の中で覗いて見ると日差しがあっても、なにやら薄暗く細部までは捉えられませんでした。

03下三輪横穴墓手前

↑雑木林をすすむ見学会の参加者

02下三輪横穴墓登山口2

↑東京近郊なのに、畑もあったりしていいところです

暗くぽっかりした穴の前で、参加した皆は少しの間無言でした。

06下三輪横穴墓1

↑下三輪横穴墓群、しばし無言で見入ります

07下三輪横穴墓2

↑墓の中はこんな感じ、きれいに掘ってあります、内壁に彫刻等もあったようです

その後あたりを見回して、木々や墓の掘り方を確認したりしました。長崎リーダーの話では、周囲の植生はすっかり変化しているのではないかということでした。

14下三輪横穴墓9

↑7世紀の墓だそうですが、当時とは植生がすっかり変わってしまっているのでしょうね

次は山を下って、寺家谷戸田のほうに降りて、杉木立の立派な寺家ふるさとの森を抜けて、何だか通行止めの尾根道だかを通ってしまったのでしょうか。落ち葉どっさりで湿った坂道を下りることになり、しばし緊張。写真はありません。空手師範のリーダーはつるっと滑りましたが、流石の受身で回転着地されました。

18寺家ふるさとの森

↑寺家ふるさとの森、昼間なのに薄暗いです

19寺家ふるさとの森2

↑ふるさとの森を歩く参加者のみなさん

また少し坂を登ったところに熊野神社がありました。山茶花が満開。

20寺家_熊野神社

↑熊野神社

「熊野神社は通称”おくまん様”と呼ばれる。伊邪那岐命、伊邪那美命を祭神とする。伝承によると元慶元年(877)大和の国城上郡三輪の里(現奈良県桜井市三輪)より勧請されたという。明和4年(1767)別当である高蔵寺の法印亮恰により社殿が造営され、嘉永7年(1854)石像の三尊仏を造立して再建が図られた。現社殿は昭和48年に造営された。御神木のアカガシは樹齢300年を経ており、町田市の銘木に指定されている。」(麻生岡上の里山から多摩のまほろば三輪の里道へを参照)

そこを下って白坂横穴墓群に向かいます。途中、椙山神社に参りました。

23椙山神社2

↑椙山神社

「椙山神社は、由緒書によれば、この付近の山容が古事記や日本書紀にも記されている大和の国の三輪の里に鎮座する大神神社(三輪神社)の神体である三輪山に似ているということから、元慶元年(877)当地に勧請されたとの伝承がある。社号の『椙山』は珍しいもので、武相には72の杉山社があるが、椙山の字はここが唯一である。祭神は日本武尊と大物主命。御神体は不動明王が鋳出されいる御鏡で、裏面に下三輪総鎮守 寛文4年(1664)大吉と刻まれているという。」(同上

このあたりは奈良の三輪山に縁の深い土地柄のようです。

白坂横穴墓群で公開されているのは二基。河原の石を内部に敷いてあるところや、墓の掘り方が少し違うようです。住宅地のすぐ横の道沿いにあり、階段や手すりを設けるなど、周囲もよく整備されています。

30白坂横穴墓群の植生

↑白坂横穴墓群、墓の上の植生とあわせて

27白坂横穴墓群1

↑白坂横穴墓群内部、河原の石が敷いてあります

時間があったので辺りを散策しましたが、大変手入れの行き届いた景観を作られて、自筆らしき説明をつけられるなど、親切丁寧な所有者が居られるようです。参加者同士で、誰が掃除をしているのだろうか、お一人ではないでしょうなどと話しました。お花見スポットお勧めはここです。(三輪の里4か5)奥に見えるのはわらぶきの屋根。多分、枝垂桜が満開の頃は夢見心地になるであろう光景が想像されました。

31三輪の里01

↑地域の方が立てている看板、たしかに三輪の里は奈良の山の辺の道にそっくりです

32三輪の里02

↑随所に立てられている看板

33三輪の里03

35三輪の里05

↑たくさんの看板から、地域の方の思い入れが痛いほど伝わります

41三輪の里_荻野家2

↑三輪の里、荻野家、かやぶきの屋根が目を引きます、春先は櫻が咲き乱れるでしょう

下三輪の辺りの谷戸や里山もそうですが、神奈川県域に飛び地のようになっているため、たまたま開発を逃れて自然が残され、今となっては貴重なそれを、皆で大切に保存しているのかなと思わされるような印象でした。

36三輪の里06

↑途中出会った赤い木の実

39三輪の里のカヤの木2

↑思わず見上げてしまう、三輪の里のカヤの木

38三輪の里のカヤの木

↑こんないわれがあるんですね

43高蔵寺の石畳

↑高倉寺の石畳

今回訪れた横穴墓群は、岩と土や石で作られた、物質的にはただの穴ですが、心の動きの中ではそれは死への通路となって出現します。宇宙や自然の領域が私たちの心に深々と繋がっているはずの通路を、暗い穴に重ねて、心を揺さぶられながら呆然として沈黙する。そんなことが感じられる、今はもう数少ない場所の一つなのではないのでしょうか。

(植)

shimomiwa_map

↑今回訪れた下三輪横穴墓群の地図

shirasaka_map

↑こちらは白坂横穴墓群の地図

くくのち山講プロジェクト(12/18)・ミーティング報告

posted on 2010/12/25

2010年12月18日、晴天。

「そろそろ冬至ですよね?」

思わず口走りそうな陽気の土曜日、くくのち山講プロジェクト・キックオフミーティングが開催されました!パオパァ~♪(←法螺貝の音色)

yamako-DSCF0116

記念すべき第一回目とあって若干上がり気味??な成瀬隊長と和気あいあいとした参加メンバーの皆さん。真剣にメモをとったり深く肯いたりと、これから生まれる「講」へのワクワクが教室を駆け巡る!くくのち山講プロジェクトの概要をお伝えするやいなや、鋭い質問や熱いコメントがひゅんひゅんと飛び交いました。

yamako-DSCF0118

↑ 山講プロジェクトへの思いを熱く語る成瀬隊長

「講」って、古くからある社会のしくみの一つ。それが伝えてきたのは、まさに“これからの日本に必要な”「知恵」だと思うんです。血のつながりや地域の縁がないにも関わらず、サークルのごとく月1で集まろうとしている私たち。神仏習合、聖地修復、山に学ぶ宗教感覚etc…大切でも難しいキーワードは後回し。優先させるべきは身体がナットクするかどうか。ここから何が生まれてくるでしょう?産声をあげたばかりの「千山講(くくのち山講プロジェクトの講名です)」、みんなの愛で、育んでいきたい!

キックオフミーティングのあとはそのまま交流会&忘年会に!パオパァ~♪←法螺貝の音色)

yamako-DSCF0121

テーブルに並んださまざまな料理、お酒を楽しみながら大いに盛り上がる面々!

yamako-DSCF0123

yamako-DSCF0126

↑(さ)さん、太巻き、ありがとう、おいしかったです!

yamako-DSCF0122

↑こちらは、金沢の「へしこ」を切り分けている図、日本酒と合いますね

およそ40人、一見何のつながりもなさそうなメンバーの皆さんですが、どこかで山とつながっているから不思議!時間とともに場もあたたまり、すごくいい雰囲気でした。あっという間に円も竹縄。山に登ることと、そこに日本人が培ってきたことを、窓口広く、敷居も低く、もう一度見直していこう。くくのち山講プロジェクトはとてもいい感じでキックオフできました。柔軟な感性とゆるいネットワークを武器に、「山と人のよりよい関係」に向けて動き出しますよ~。乞うご期待!!!

パオパァ~♪(←法螺貝の音色)

(さ)

12月18日(土)、「くくのち山講プロジェクト」はじまります!

posted on 2010/12/16

12月18日(土)、「くくのち山講プロジェクト」がはじまります。

「くくのち山講プロジェクト」は、山と人のよりよい関係をつくりだす試みです。「講」とは、日本にかつて空気のように存在し、今は物置に眠っているかのような、社会のありかた―アソシエーションのかたちです。今日の社会、そして人と自然の関係を考えるうえで、さまざまな可能性を宿している「講」をベースに、地域と都市、古代的なものと未来的なものを結び、人やモノや知恵を贈りあう実践を行っていきます。はじまりは山形県の羽黒町と東京から。出羽三山と東京の里山で山伏を行うことから、山と人の眠れる回路を揺り動かし、地域と都市の幸を巡り合わせ、今日における「山のエチカ」を探ってゆこうと考えています。

プロジェクト第1回目となるキックオフのミーティングを、12月18日(土)17:00から、四谷ひろば(旧四谷第三小学校)で開催し、プロジェクトの趣旨や目標を、皆さまにお伝えできることを楽しみにしています。

くくのち山講プロジェクトへのお問い合わせ、ミーティング参加のお申し込みはくくのち学舎事務局まで<99nochi@gmail.com>

くくのちのモリプロジェクト見学会(12/23)

posted on 2010/12/08

 師走も中旬にさしかかりました。忙しい年末にのんきなこと、といわれそうですが、「くくのちのモリプロジェクト見学会」を12月23日(祝・木)におこないます。今回は、「土曜日だと参加できない」というご意見が多かったので、祝日に見学会を行うことにしました。冬至の祭も兼ねて自然の精霊を呼び起こしましょう。今回はモリの起源に心のダイブを行うべく、町田市の横穴古墳を巡ります。
鎮守の森の起源は埋葬地で、そこが聖地化して森が残されたという説があります。また、中沢新一・くくのち学舎長の分析では、横穴古墳には古代人の死生観が構造としてよく表わされているそうです。都内に残る数少ない横穴古墳とその周りの樹木を観察し、野生の思考を再起動し、モリ作りに生かしたいと思います。モリプロジェクトメンバー以外の方でも、モリプロジェクトにご関心のある方、この機会にぜひご参加ください!!

開催日時: 2010年12月23日(祝・木)13:00-16:30 (13時にはかならず集合してください。小雨決行、雨天と寒波の場合は中止。)
集合場所:小田急線 鶴川駅 鶴川女子短大行きバス乗り場(4番乗り場)
13時10分発のバスに乗ります。これを逃すと30分後になりますので、ご注意ください。
参加費:無料(交通費等実費は各自負担です)
持ち物:ビニール袋(木の実を拾う場合に備えて)。途中、コンビニや自販機も少なそうなので、飲み物を持参ください。トイレもなるべく駅で済ませてください。けっこうな山歩きになりそうなので、歩きやすく温かい服装でご参加ください。

訪問先1:下三輪玉田谷戸横穴墓群(バスにて妙福寺前下車、徒歩12分)
~徒歩~
訪問先2:西谷戸横穴墓群
~徒歩~
訪問先3:白坂横穴墓群(白坂横穴古墳群)
白坂横穴墓群から三輪駅へは徒歩25分。(時間によって一部割愛する可能性有り。)

見学会参考地図 (町田市役所HPよりPDFファイルです)

 古墳周辺には寺社や森も豊富なようです。見学会終了後、軽くミーティングとお茶(またはビールで忘年会)をします(鶴川駅前ビル、マルシェ内あたりで)。当日天候が怪しい場合は午前中(10時頃)に開催の有無をメール連絡いたします。

参加お申し込み・お問い合わせ: くくのち学舎事務局まで(99nochi@gmail.com)

講座レポート「仏法(ダルマ)と動物、そして人とのあいだ」

posted on 2010/12/08

2010年11月16日(火)に行われた「仏法(ダルマ)と動物、そして人とのあいだー密教は命と心をどうとらえるか?」の講座レポートです。

orenokuuDSC_0263-2

仏法(ダルマ)と動物、そして人とのあいだ」というテーマについて、講師の宮崎さんは、前世において動物であったブッダが他者のために身を捧げ、仏法に触れさせる縁にするという、ジャータカ物語から語り始めました。

orenokuuDSC_0268

人々に利他心を説くこのブッダの前世譚は、ブッダ自身の言葉を正確に伝えようと意図してなされた、上座部による結集の際に影を潜めていくことになるのですが、宮崎さんは、この出来事を具体的な例として、結集をきっかけに仏教は言葉中心のものとなり、ひとつひとつの瑣末な解釈に縛られていくことになってしまったと指摘します。そのような情況の中、仏法を言葉のみの偏った捉え方をすることは、間違いではないかと考える、竜樹が登場します。

orenokuuDSC_0266

いうまでもなく、言葉は、その語る対象そのものではありません。言葉によって語られるものは、あくまで情報の断片にすぎず、その不完全な言葉によって仏法が語られるのであるのなら、そこで語られる命や世界というものは、それ自体について、真に語り得ないのなのではないか―。竜樹はそのように論を進めて、それを乗り越えるべく、「空」の概念へと至ります。

宮崎さんは、「 禽獣卉木は、皆是れ法音、 安楽覩史は、本来胸中にあるを頓悟せしめん」という空海の書簡の言葉をひきながら、「空」とは、「リアル・存在」のことであると説明します。

orenokuuDSC_0264

動物や植物というものは、すべて仏のみ言葉であり、また極楽世界とは、本来胸の中にある。この空海の思想には、仏法が「経典=言葉」というかたちに押し込められていくうちに忘れ去られてしまった、「リアル・存在」そのものへのまなざしがあります。またそれは同時に、「経典=言葉=それを操ることのできる人間」のみの仏法ではない、「動物をはじめとする、この世界すべてのもの=リアル・存在」を包み込む仏法の姿であるともいえるでしょう。これは、ジャータカ物語で語られているものと同じ視点であり、一見プリミティブともとれるこのような思考のなかにこそ、動物の仏法はあるのだと宮崎さんは結論付け、講義は締めくくられました。

orenokuuDSC_0269

講義の後の質疑応答では、講座に参加した中沢新一・くくのち学舎長が、ジャータカ物語において利他心のあらわれとして説かれている動物の犠牲行為と、動物集団において見られる、個体が自らを犠牲にすることで種としての遺伝子を存続させようとする、ドーキンスがいうところの、「利己的な遺伝子」との兼ね合いについての質問をされ、講座はさらなる深みを持つこことなりました。

orenokuuDSC_0259

命や世界そのものを、仏法として抱きしめる。けっして人間だけのものではない、動物をはじめとした、すべての存在に対して開かれた仏法の可能性を、宮崎さんの講義から感じることができ、まさに「動物の法へ」プロジェクトのキックオフにふさわしい講座となりました。(長)

くくのちのモリプロジェクト見学会(11/27)

posted on 2010/11/23

秋も深まり、中低木の木の実集めのピークシーズンになってきました。来たる11月27日(土)に前回雨の予報で延期にしました「くくのちのモリプロジェクト見学会」をおこないます。当日は、皇居を散策します。 モリプロジェクトメンバー以外の方でも、モリプロジェクトにご関心のある方、お気軽にご参加ください。

開催日時: 2010年11月27日(土)13:00-16:30ごろ (小雨決行)
集合場所:東京メトロ東西線 竹橋駅 中野寄り改札口
参加費: 無料(交通費等実費は各自)
持ち物: ビニール袋(苗木を育てる木の実を拾います)

訪問先1:皇居東御苑(平川門から入ります)
見所は消えゆく武蔵野の面影を残そうと、昭和天皇のご指示で作られた二の丸雑木林。

訪問先2:北の丸公園
照葉樹、落葉樹や花木の他に、野鳥の好む「実のなる木」も多く植えられているそうです。

見学会終了後、適宜皇居周辺を散策途中まで、途中からの参加もOKです。

参加お申し込み・お問い合わせ: くくのち学舎事務局まで(99nochi@gmail.com)

くくのちのモリプロジェクト見学会(11/20)延期

posted on 2010/11/13

11月20日(土)に開催を予定していました下記の見学会は、天気予報が雨のため延期いたしました。参加予定だった方、申し訳ありません。あらためて、日程が決まりましたら、HP上でお知らせいたします。どうぞよろしくお願いします。

くくのち学舎事務局

秋も深まり、中低木の木の実集めのピークシーズンになってきました。来たる11月20日(土)に「くくのちのモリプロジェクト見学会をおこないます。当日は、皇居を散策します。 モリプロジェクトメンバー以外の方でも、モリプロジェクトにご関心のある方、お気軽にご参加ください。なお見学会終了後、モリプロジェクトの定例ミーティングを行います。見学会、ミーティングとも飛び入り参加大歓迎です。

くくのちのモリプロジェクト見学会
開催日時: 2010年11月20日(土)13:00-16:30 (小雨決行)
集合場所:東京メトロ東西線 竹橋駅 中野寄り改札口
参加費: 無料(交通費等実費は各自)
持ち物: ビニール袋(苗木を育てる木の実を拾います)

訪問先1:皇居東御苑(平川門から入ります)
見所は消えゆく武蔵野の面影を残そうと、昭和天皇のご指示で作られた二の丸雑木林。

訪問先2:北の丸公園
照葉樹、落葉樹や花木の他に、野鳥の好む「実のなる木」も多く植えられているそうです。

見学会終了後、適宜皇居周辺を散策して16時半頃に四谷ひろばに移動します。 17時よりモリPJメンバーは四谷ひろばでのミーティングをおこないます。雨天の場合は四谷ひろばでのミーティングのみ実施します。途中まで、途中からの参加もOKです。

参加お申し込み・お問い合わせ: くくのち学舎事務局まで(99nochi@gmail.com)

「人間から動物への変容/狼男・仮面・凶暴戦士」@東京アートミーティング トランスフォーメーション 

posted on 2010/11/07

ただいま開催中の東京アートミーティング トランスフォーメーション展で、くくのち学舎で「神話講座」の講師をつとめる多摩美術大学芸術人類学研究所の石倉さんのレクチャーが開催されます。詳細は、関連イベントのページから。

レクチャー「人間から動物への変容/狼男・仮面・凶暴戦士」
11月14日(日)15:00~16:30
講 師:石倉敏明(多摩美術大学芸術人類学研究所助手)
会 場:講堂(地下2階)
参加費:無料(ただし当日有効のチケットが必要です)
定 員:先着200名

くくのちもりプロジェクト見学会(11/3)のご案内

posted on 2010/10/30

くくのちもりプロジェクトでは、プロジェクトの一環として都内の鎮守の森の見学会を行います。その場所の元々の植生や、植樹された苗木の様子を観察します。アースダイバー的にも興味深い地域です。もりプロジェクト・メンバー以外の方、もりプロジェクトにご興味のある方、大歓迎です。参加ご希望の方は、くくのち学舎事務局までご連絡ください。

開催日時: 2010年11月3日(祝)13:00-17:00 (小雨決行)
集合場所: JR品川駅・中央改札前のトライアングルクロック付近
参加費: 無料
持ち物: ビニール袋(苗木を育てる木の実を拾います)
見学場所: 東禅寺(港区)・御嶽神社(大田区)
参加お申し込み: くくのち学舎事務局まで(99nochi@gmail.com)

*くくのちもりプロジェクト
単なるCO2削減のためではなく、日本人の精神の拠り所としての森を新しく創りなおすプロジェクト。これまでの活動として、7月に開催した”ナナムイの森”講座を始め、明治神宮の見学会やドングリを採集し苗を育てています。今後は、どのような森を、どんな場所に、どんな方法で作っていくのかなどを学びながら、現実に森づくりをしていくプロジェクトです。

見学場所①
東禅寺
森作りの第一人者・宮脇昭先生の著書に、「土地本来の森が残っている」と書かれています。そこに宮脇方式で今年4月、シイ、タブ、カシなど45 種類の苗木1800本が境内の約500平方メートルの土地にさらに植えられました。幕末の歴史の舞台でもあります。

見学場所②
御嶽神社
宮脇方式で09年5月に1200~1300本の苗が植樹されました。木曽御嶽山に由来する信仰の場です。

「石子順造と丸石神」シンポジウム・展覧会開催のご案内

posted on 2010/10/12

「石子順造と丸石神」シンポジウムと展覧会を開催します

maruishi

■共同企画 椹木野衣・本阿弥清・中沢新一 

■シンポジウム
日時:10月16日(土曜)14時30分~17時(開場14時)
会場:四谷ひろば講堂
場所: 四谷ひろば 講堂(東京都新宿区四谷4-20)
  地図はこちら
定員:300名(先着順・申込不要)
入場料:一般1,000円 友の会会員500円
出演:椹木野衣(美術批評家、IAA所員)
   本阿弥清(都市環境デザイナー/現代美術研究、IAA特別研究員)
   中沢新一(人類学者、IAA所長)
※本シンポジウム入場券にて、以下の展覧会もご覧いただけます

■展覧会「石子順造と丸石神」
会期:10月16日(土曜)~30日(土曜)
会場:CCAAアートプラザ〔ランプ坂ギャラリー〕
 東京都新宿区四谷4-20「四谷ひろば」内
アクセス:東京メトロ丸の内線 四谷三丁目下車 徒歩5分
     都営地下鉄新宿線 曙橋駅下車 徒歩7分
開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
観覧料:一般500円/中学生以下無料

●《現代》を切りひらく「丸石神」の声
石子順造を知っていますか?日本を代表する美術批評家で、
カストリ雑誌や劇画などの庶民的なマンガ芸術をいち早く評価し、
大衆文化に息づく無意識のデザインに愛情を注いだ石子順造。
かれは「キッチュ」という言葉で、とてつもなく古い時代から受け継がれた
人間の感性と、《現代》という未曽有の時代の交点にあらわれる
未来の美学を表現しました。「丸石神」はその石子が最後に到達し、
仲間たちの協力を得て精力的に調査した、日本列島の「古層の神」の名前です。

その石子の仲間たちが21世紀に集結し、
写真と立体の作品による丸石神の展覧会をおこないます。
いまや世界から高く評価される日本のマンガ芸術。
庶民の美学からデザインのDNAを受け継ぐ新しいかたちの郊外文化。
いまやかつての役割を終え、新しい時代の岐路に立つ現代アートの数々。
その光景の先には、石子と仲間たちが愛情を注いだ野生的で、
かわいらしい風貌の道祖神=「丸石神」の姿が見えています。

本展覧会では、石子とともに丸石神調査をおこなった
遠山孝之撮影による丸石神の写真と、
美術家小池一誠の石による作品を展示します。
《現代》を切りひらく「丸石の神々」の声にそっと耳を傾けてみてください。

なお、初日のシンポジウムには、生前の石子氏とも深い交流があり、
長期にわたって「丸石神」の根幹を探り続けている中沢新一所長はじめ、
小池氏や石子氏の積極的な再評価をおこなってきた本阿弥清氏、
現代と美術の交点で石子氏の思想に迫る椹木野衣所員の三人による
講演と鼎談がおこなわれます。ぜひご来場ください。

« 前ページへ次ページへ »