くくのち通信:講座レポート

ノグソフィア -糞とエコロジー (2) レポート

posted on 2009/10/13

3回連続講座のノグソフィア、2回目の講座です。前回の講座レポートはこちら
今回がはじめての参加者の方も多いため、前回のおさらいから。
自分たちだけが栄えればいいという人間の身勝手さに反発した講師の伊沢正名さんは、食物連鎖の中で重要なはたらきを示すキノコの分解過程に注目。キノコ写真家として活躍しましたが、キノコの食についてばかり注目されることに嫌気がさし、次はもう一つの分解過程、ウンコに興味の対象を移しました。
前回のキノコの写真をいくつか見たあとに、いよいよ今回の本題、「ウンコがいかにして土に還るか」。実際に伊沢さん自身がノグソを掘り返して観察し、分解経過をたどります。

091003_1

ノグソをするための3点セット(スコップ、蚊取り線香、水)やノグソをする際の留意点などの説明から入り、お話はどんどんディープな方向へ。
全体像や断面写真のスライドを見ながら、形状やにおいの変化、ノグソの周りの昆虫や獣類の行動などが説明されます。
最初はバクテリアの分解過程で粘液・泥状になり、においもきついのですが、だんだん固くなってチーズ状になり、においも香辛料などのむしろいいにおいともいえるものに変化、最後には無臭の糞土になります。
ここで目、鼻、指だけではなく、舌も使って調査に乗り出した伊沢さんは、糞土をなめてみることに。
周りの土は金属っぽい、無機質な味がしてまずいのに対して、糞土はなんとおいしかったとか!コクがあって舌でとろけるような感触があり、いかにも植物にもよさそうな感じです。実際、糞土のところには植物がよく根を張るのだとか。

091003_2

他にもよいウンコと悪いウンコの話し(よいウンコは動物が掘り返して食べてしまうこともあるのに、下痢など悪いウンコは見向きもされない)や、夏場と冬場の分解過程の違い、いいにおいとくさいにおいの境界についてなどなど。
刺激的な写真とお話の数々に、女性が多かった今回の参加者の方々も興味津々。スライドの目の前の参加者の方は、伊沢さんのノグソが目の前に映されるので若干気の毒な感じもしましたが、楽しんでいた様子でした。