講座

折形講座(プレ講座) 終了

心の折形、結び方(プレ講座) 

お歳暮やお祝い事など、大事な人への贈りものを包む作法である折形。 どうして白い紙で包み、水引で結ぶのでしょう? また熨斗(のし)に鮑(アワビ)が使われていたのはどういう意味が? 日本の贈与のかたちの表現である折形について、実際に紙を折り、モノを包みながら、そのココロを学びます。

プレ講座1回と3回講座で構成されている折形講座。
「紙袋を折りかえる」をテーマにした折形入門講座です。
身近にある白い紙袋の側面にある直角二等辺三角形を基準にして、驚くべきバリエーションの紙袋が次々と生み出されていくという「発見」を共有しながら、折形の基本を学んでいきます。

講師

山口信博

1948年、千葉県生。アート・ディレクター。折形を研究する場、折形デザイン研究所代表(http://origata.com/)。有限会社山口デザイン事務所代表。俳句雑誌「澤」同人)。著書に『白の消息』(2006年、ラトルズ)。共著に『礼のかたち』『折る、贈る。』(共に2003年、ラトルズ)、『半紙で折る折形歳時記』(2004年、平凡社)。

開講日時

2009年7月18日(土) 13:00-14:30

講座タグ

料金

2,000円(税込)

備考

*お申込みは、上記リンク先のショッピングカートにてご予約ください。
*ショッピングカートは、予約のみでのご利用も可能です。
*受講料は、当日会場でのお支払いと、事前の銀行振込がご利用いただけます。
*応募者が定員を超えた場合、抽選でのご提供になりますが、その際は事前に銀行振込をされた方を優先する場合がございます。ご了承ください。