講座:新しい経済社会の構想

自然エネルギー社会論(1),(2) 終了

これからの日本にほんとうに必要な」エネルギーへの取り組みかたとはなにか。
既に311以前から考えられていたこのテーマが、地震と津波と原発に
急き立てられるようにして、わたしたちの前にあらためて巨大な課題として
立ち現れてきました。
近代という制度を乗り越えて、「これからの世界」をかたち作っていくために、
ぜったいに考えなくてはならないこの課題について、日本における第一人者である、
環境エネルギー政策研究所所長、飯田哲也さんを講師にお迎えし、
2回にわたって集中講義を行ないます。

*****
くくのち学舎にて2011年5月に開催された飯田哲也さんの講座「自然エネルギー社会論」は、加筆され、『エネルギー進化論──「第 4の革命」が日本を変える』(ちくま新書、819円)としてまとめられました。 http://amzn.to/vXFqO4

講師

飯田哲也さん(ISEP)

開講日時

2011年5月7日(土)13:00- 会場:エコプラザ
2011年5月14日(土) 13:00- 会場:四谷ひろば