講座:生命とエネルゴロジー

いのちの暴走 三回シリーズ 終了

ナチ農相ダレーの思想と実践

第三帝国は、人類史上、最もいのちを粗末にした国家のひとつである、という見方に疑いを抱く人はいないだろう。たしかにそうである。アイヒマン裁判で明らかになったように、絶滅収容所を支配していた精神は、ユダヤ人の憎悪ではなく、官僚主義的エートスであった。あの無味乾燥な機械的殺戮は、殺人の名にも値しない野蛮である。

ところが、ナチスの思想と実践を注意深くみてみると、けっして生命を粗末に扱う性質のものではなかったことが分かる。むしろ、その「いのち」の感覚は、人を超えて、動物、植物、土壌、はては「空間」全体にまで及ぶ、汎神論的な、ある意味で豊かな生命観であった。いのちの増殖を崇拝し、いのちの根源である母と大地をあがめ、一方で、いのちの「質」の「向上」に腐心した。まさに、生命に取り憑かれた国家といっても言い過ぎではない。では、なぜ、この国家が、あれほどまでに、いのちをないがしろにすることができたのだろうか。

本講座では、第三帝国食糧・農業大臣リヒャルト・ヴァルター・ダレー(1895-1953)の生涯を追い、その農業思想における自然観・生命観と政治的実践を同時代的背景もからめながら論じる。クリーゼ(恐慌=危機)の時代に、「血と土」というスローガンを打ち立てた、このエコロジカルな農政家が辿った暗黒の道を追体験することで、まず、その道がどれほど魅惑的であってももはや「立ち入り禁止」であることを見定める。ダレーは、都市化される資本主義社会のなかで、生命法則に従うことがドイツの最大の課題の一つと考えたが、この生命崇拝の背後には、ダレーの近代育種学的自然主義が控えていた。つまり、メンデリズム的な機械的遺伝観とエコロジカルな汎神論的自然主義の奇妙な結合である。ここにこそ、ナチスの悲惨の根源の一つがあるのではないか、というのが現時点での私の考えである。この結合について説明をしたうえで、それでもいのちがゴミ屑のように粗末にされつづけるこの現代社会において、いのちを軸に据えた未来社会像はどのように可能なのかを、受講生とともに考えたい。

講師

藤原辰史

1976年、北海道旭川市生まれ、島根県出身。1999年、京都大学総合人間学部卒業。2002年、京都大学人文科学研究所助手を経て、2009年から東京大学大学院農学生命科学研究科講師。専門は、農民史、農業思想史、農業技術史。著書に、『ナチス・ドイツの有機農業―「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」』、最新刊は『カブラの冬──第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆』(人文書院、2011)。

開講日時

第1回 ダレーとその時代(1) 生誕からナチ党入党まで: 2011年2月19日(土) 13:00~15:00
第2回 ダレーとその時代(2) ナチ党農政局長から有機農業の支持、そして戦後まで: 2011年5月21日(土)13:00-15:00
第3回 ナチスの悲惨の根源 ダレーから考える: 日程未定