講座

ミシェル・セール「自然契約」入門 終了

元船乗りにして数学や科学への深い理解、それに自然への繊細な感性を基礎に、孤高の哲学を展開するフランス人哲学者、ミシェル・セール(1930年生)。

セールは、20世紀の人類の自然への軽視と傲慢を横目に、同じフランス人の大思想家ルソーの「社会契約」を下敷きにした新しい概念「自然契約」を生みだしました。その思想は、まず自然の多様性を人類が受け入れることを出発点として、21世紀のエコロジーが本当に意味のある活動になるための試金石となるような大きなテーマへと展開していきます。

セールの語る「自然」とは何か、そして「人間と自然との契約」とは何か。哲学者・清水高志さんから、セールの「自然契約」の可能性についてお話をうかがいます。

講師

清水高志

東洋大学総合情報学部准教授。著書に『来るべき思想史―情報/モナド/人文知』『セール、創造のモナド―ライプニッツから西田まで』、訳書に『哲学を讃えて』『アトラス』(ミシェル・セール、いずれも共訳、法政大学出版局)ほか。

開講日時

2010年6月19日(土)18:00-19:30

講座タグ

料金

2,000円(税込)