講座

食べ物の起源神話を読む 終了

~くくのち神話研究シリーズ(2)

食べ物はどのようにヒトにもたらされたのか?
人類最古の哲学である神話が、生のものと火にかけたものを大きな軸として「食」をどう考えてきたのかを探る講座。

今回はゲストに、瀬戸山玄さんをお呼びし、神話が扱ってきた「食」と現代の「食」を往復します。瀬戸山さんは、雑誌『暮らしの手帖』で「世のなか食のなか」という連載などで活躍中のノンフィクションライター、写真家(詳しいプロフィールは下記参照ください)。
「世のなか食のなか」は、縄文食から大阪のおばちゃんによる格安食堂まで、日本の食を、超横断的な視点で捉えているとっても面白い連載で、今回もそんな視点から、食について語っていただきます。

講師

石倉敏明+瀬戸山 玄

石倉敏明
多摩美術大学 芸術人類学研究所所属。

瀬戸山 玄
1953年鹿児島県生まれ。早稲田大学文学部卒業。写真作法を若き日の荒木経惟氏に学び、テレビCMや短編映画の制作会社勤務。その後、1980年よりフリーになり、ノンフィクションライター、写真家、映像作家として、幅広く活動中。現在は、「ドキュメンタリスト(記録する人)」として、「暮らしの手帖」などに連載。著書に、「野菜の時代―東京オーガニック伝」日本放送出版協会など。

開講日時

2009年9月5日(土) 13:00-14:30

講座タグ

備考

*お申込みは、上記リンク先のショッピングカートにてご予約ください。
*ショッピングカートは、予約のみでのご利用も可能です。
*受講料は、当日会場でのお支払いと、事前の銀行振込がご利用いただけます。
*応募者が定員を超えた場合、抽選でのご提供になりますが、その際は事前に銀行振込をされた方を優先する場合がございます。ご了承ください。