講座

里山伏実践編(2) 終了

山の思想シリーズ(4)+くくのち山講プロジェクト

空前の登山、ハイクブームが続く昨今。くくのち学舎では、山伏の伝統から山との付き合い方を学んでいきます。前回の「里山伏講座–実践編(1)」(2010年1月実施)では、羽黒修験の山伏・星野さんと参加者40名とともに、高尾山で山伏一日体験を行いました。今回は、御岳山周辺の山で1泊2日の「里山伏実践編2」を開催します。前回同様、里山伏の実践を通じて、自然へ分け入ることの意味を探ります。前回の講座の様子は、こちらから。

日時:2011年1月29日(土)11:00集合 〜2011年1月30日(日)15:00解散 解散後直会~18:00頃まで(小雨決行・積雪の予報のときは中止)

集合場所・解散場所:JR青梅線御嶽駅

参加費:5000円(別途宿泊代8000+直会代3000円:現地までの交通費は自己負担)参加費等は当日集合したときに集めます。また、解散後に直会を予定していますが、直会に参加できない場合は事前にご連絡ください。

募集人数:20名

コース:御嶽山周辺

持ち物:次の持ち物を入れるリュックサック。レインウェア。タオル。水筒・ペットボトル(飲料・水分補給のため)。靴下等の着替え。手袋(防寒のため)。懐中電灯。

服装:歩きやすい服装。風が冷たいので、ウィンドブレーカー等、着脱しやすく暖かい格好。スニーカー等で大丈夫ですが、道がぬかるんでいる可能性があるので、替えの靴下等を持参ください。

講師

星野尚文

昭和21年、旧山形県東田川郡羽黒町の宿坊「大聖坊」の三男として生まれる。昭和46年、宿坊「大聖坊」を継承。昭和47年「秋の峯入」初入峯、山伏名「尚文」を拝命。平成19年度の「冬の峰百日行」松聖を務める。平成20年、羽黒山五重塔でトランペッター近藤等則氏とほら貝でコラボ演奏。現在、大聖坊にて、山伏修行体験(2泊3日)を指導。NPO公益のふるさと創り鶴岡理事、羽黒町観光協会監事、多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員、京都造形芸術大学非常勤講師

開講日時

2011年1月29日(土)11:00集合 〜2011年1月30日(日)15:00解散 解散後直会~18:00頃まで(小雨決行・積雪の予報のときは中止)

料金

5000円