お知らせ, イベント, 講座

「自然の産婆術」maieutike vol.2  /自然を食べる作法と技術

posted on 2010/08/12

 私たち現生人類は、自然の産物を食べて生きています。他の生物はお互いに食べたり食べられたりしますが、人間だけはほとんど食べられることがありません。しかも他の生物を殺して「食べられるもの」に変えるための技術がなければ、人間は「食べること」さえもできません。そう考えると、外なる自然と内なる自然を媒介する技術の大切さが、現代を生きる私たちの前に大きく浮かび上がってきます。
 野生植物を「野菜」に変え、野生動物を「家畜」に変えるだけでなく、それらを調理して、美味しく健康的に食べようとしてきた祖先の技術。それは自然音から音楽を創る音楽家や、光や色彩から絵画を生み出す画家のそれと同じように、ダイナミックな素材の変容をもたらす媒介術です。今回の企画は、農業と料理を実践する若手二人によるトークと軽食を楽しみながら、参加者全員で<食>と<身体>の未来を考えます。

※この企画は多摩美術大学・芸術人類学研究所/くくのち学舎共催公開研究会として行われます。

■プログラム
トーク1  <農の産婆術>   石津大輔(米農家/針江のんきぃふぁーむ)
トーク2  <食の産婆術>   村上秀貴(料理家/キッチンワタリガラス)
クロストーク/自然を食べる媒介術
石津大輔、村上秀貴、瀬戸山玄(ドキュメンタリスト)、石倉敏明(芸術人類学)、濱田礼子(画家)

■日時: 2010年8月25日(水)17:30〜19:30
参加費: ¥2000 お茶+軽食付き

お申し込みはくくのち学舎の登録フォームから→https://pro.form-mailer.jp/fms/51f0ccf411537
(参加費は当日受付にてお支払いください。)

定員:30名
会場: NPO法人CCAA アートプラザ図工室 (新宿区四谷4-20 四谷ひろばA館地下1F)
交通: 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅下車 徒歩10分
    都営地下鉄新宿線「曙橋」駅下車 徒歩15分

■講師プロフィール
石津大輔
農家・針江のんきぃふぁーむ
1981年滋賀県高島市生まれ。比叡山高校を卒業後、大阪の専門学校で学び服飾業界へ。
2005年より農業に転身。「食と農を明日へつなぐ」を第一により環境に負荷をかけない、持続可能な農業を目指し有機農業などに取り組む。針江のんきぃふぁーむ

村上秀貴
料理家・キッチンわたりがらす主宰。
建築学科卒業後、世界20カ国への旅に出る。帰国後、東京の瓦版と称し、浮世離れ
した遊びから街の日常で起きていることなどをインタビューして回った雑誌『雷神』
を創刊。「おいしさ」号で出会った食材の生命力と、まごころの味に触発され、以後
見よう見まねで料理を始める。茅場町にあるレストランでシェフを務めた後、独立。
2009年、出張料理人としてケータリングを主としたキッチンわたりがらす主宰。2010年には南麻布にキッチン兼店舗を構え、活動中。

瀬戸山玄
1953年鹿児島県生まれ。早稲田大学文学部卒業。写真作法を若き日の荒木経惟氏に学び、テレビCMや短編映画の制作会社勤務。その後、1980年よりフリーになり、ノンフィクションライター、写真家、映像作家として、幅広く活動中。現在は、「ドキュメンタリスト(記録する人)」として、「暮らしの手帖」などに連載。著書に、「野菜の時代―東京オーガニック伝」日本放送出版協会など。
http://www3.ocn.ne.jp/~mimimura/index.html

石倉敏明
多摩美術大学芸術人類学研究所所属

濱田礼子
多摩美術大学芸術人類学研究所所属

■お問い合わせ 
多摩美術大学 芸術人類学研究所 
tel:042-679-5697 Fax:042-679-5698
E-mail: iaa_info@tamabi.ac.jp
■共催
くくのち学舎 http://kukunochi.jp/ 

■お問い合わせ 
多摩美術大学 芸術人類学研究所 
tel:042-679-5697 Fax:042-679-5698
E-mail: iaa_info@tamabi.ac.jp

■共催
くくのち学舎 http://kukunochi.jp/