くくのち山講プロジェクト

くくのち山講プロジェクト

くくのち山講プロジェクト(12/18)・ミーティング報告

posted on 2010/12/25

2010年12月18日、晴天。

「そろそろ冬至ですよね?」

思わず口走りそうな陽気の土曜日、くくのち山講プロジェクト・キックオフミーティングが開催されました!パオパァ~♪(←法螺貝の音色)

yamako-DSCF0116

記念すべき第一回目とあって若干上がり気味??な成瀬隊長と和気あいあいとした参加メンバーの皆さん。真剣にメモをとったり深く肯いたりと、これから生まれる「講」へのワクワクが教室を駆け巡る!くくのち山講プロジェクトの概要をお伝えするやいなや、鋭い質問や熱いコメントがひゅんひゅんと飛び交いました。

yamako-DSCF0118

↑ 山講プロジェクトへの思いを熱く語る成瀬隊長

「講」って、古くからある社会のしくみの一つ。それが伝えてきたのは、まさに“これからの日本に必要な”「知恵」だと思うんです。血のつながりや地域の縁がないにも関わらず、サークルのごとく月1で集まろうとしている私たち。神仏習合、聖地修復、山に学ぶ宗教感覚etc…大切でも難しいキーワードは後回し。優先させるべきは身体がナットクするかどうか。ここから何が生まれてくるでしょう?産声をあげたばかりの「千山講(くくのち山講プロジェクトの講名です)」、みんなの愛で、育んでいきたい!

キックオフミーティングのあとはそのまま交流会&忘年会に!パオパァ~♪←法螺貝の音色)

yamako-DSCF0121

テーブルに並んださまざまな料理、お酒を楽しみながら大いに盛り上がる面々!

yamako-DSCF0123

yamako-DSCF0126

↑(さ)さん、太巻き、ありがとう、おいしかったです!

yamako-DSCF0122

↑こちらは、金沢の「へしこ」を切り分けている図、日本酒と合いますね

およそ40人、一見何のつながりもなさそうなメンバーの皆さんですが、どこかで山とつながっているから不思議!時間とともに場もあたたまり、すごくいい雰囲気でした。あっという間に円も竹縄。山に登ることと、そこに日本人が培ってきたことを、窓口広く、敷居も低く、もう一度見直していこう。くくのち山講プロジェクトはとてもいい感じでキックオフできました。柔軟な感性とゆるいネットワークを武器に、「山と人のよりよい関係」に向けて動き出しますよ~。乞うご期待!!!

パオパァ~♪(←法螺貝の音色)

(さ)

12月18日(土)、「くくのち山講プロジェクト」はじまります!

posted on 2010/12/16

12月18日(土)、「くくのち山講プロジェクト」がはじまります。

「くくのち山講プロジェクト」は、山と人のよりよい関係をつくりだす試みです。「講」とは、日本にかつて空気のように存在し、今は物置に眠っているかのような、社会のありかた―アソシエーションのかたちです。今日の社会、そして人と自然の関係を考えるうえで、さまざまな可能性を宿している「講」をベースに、地域と都市、古代的なものと未来的なものを結び、人やモノや知恵を贈りあう実践を行っていきます。はじまりは山形県の羽黒町と東京から。出羽三山と東京の里山で山伏を行うことから、山と人の眠れる回路を揺り動かし、地域と都市の幸を巡り合わせ、今日における「山のエチカ」を探ってゆこうと考えています。

プロジェクト第1回目となるキックオフのミーティングを、12月18日(土)17:00から、四谷ひろば(旧四谷第三小学校)で開催し、プロジェクトの趣旨や目標を、皆さまにお伝えできることを楽しみにしています。

くくのち山講プロジェクトへのお問い合わせ、ミーティング参加のお申し込みはくくのち学舎事務局まで<99nochi@gmail.com>