くくのちのモリプロジェクト:

モリPJ 活動レポート

多摩美のモリ「点睛の植樹祭」レポート

posted on 2014/11/02

212827391_org

2014年10月18日、「点睛の植樹祭」にはもってこいの秋晴れでした。空気もさわやかなこの日、3年前に始まった多摩美のモリ実験植樹は最終回を迎えました。とうとう未来のモリのたまごが完成するのです。

212956086_org

当日朝一番の作業は、前の週から引き続いたマウンド作りでした。植樹の中でも殊に大変なのがこの力仕事です。グランド脇の植樹地は、立つにも足腰に力がこもる急斜面なのでなおさら気合が入ります。苗木がすくすく育ち根をしっかり張れるように、石や雑草、障害になる根を除き、地面をよく掘り返し柔らかく耕します。遠い昔、人間が耕作を始めた時の気持ちを想像してしまう、汗だく忘我の労働時間です。

212823644_org

傍らでは、これも先日括り分けた縄を運び込み竹杭を打ちます。植樹ベテランのKさんと助っ人さんたちが今日も先達です。

212823489_org

過去5回の植樹地に、目印となる看板を立てます。3年前から植樹した苗木が成長していく様子を、順番に時間系列で見ることができます。土を耕して木を植えるという人の手の痕跡を組み込んで、土地の自然は滞りなく再編成を続け、苗木はどんどん成長しています。大きい苗木も小さい苗木も、一斉に日の光に照らされて葉っぱをつやつや茂らせています。逞しいです。

IMG_4686

やがて、協働してくださる進和学園の皆さんが到着しました。今回の苗木と藁を植樹場所に運び入れ開始です。

IMG_4737

代表的な樹種を紹介するカードと苗木も設置して、準備が整いました。

IMG_4717

11時過ぎにゲストさんをお迎えして、開会式が始まりました。

212823904_org

長崎隊長の挨拶です。思い出と感謝と決意の言葉が清々しいです。隊長はこの11月に故郷沖縄に移住します。この「点睛の植樹祭」が、門出のお祝いとなりました。

DSC01285

今回植えるのは25種の苗木、350本です。3年前にメンバーが拾ってドングリから育てた苗が64本入っています!里親のどんぐりハウス(進和学園)さんが取り分けて持ってきてくださいました。苗木の中に、私たちがともに過ごした3年の時間が流れているかのようです。

212976411_org

隊長とHさんが植え方説明をします。ベテランの助っ人AさんUさんOさんたちも脇を固めてくださいます。

m212824149_org

「植樹のしかた」はこちらをごらんください。

212823290_org

Hさん力作のパンフレットです。

IMG_4824

素敵なポスターはこちら。

IMG_4730

そして、タブノキ、スダジイ、シラカシの名前を3回唱和。このタブノキは一昨年の「くくのち秋祭り」で里子に出したドングリを、ゲストのKさんとHさんが立派に育て、この日に合わせ持ってきてくださったのです。嬉しい再会です。

IMG_4731

声をはりあげて、みんなで苗木の名前を呼ぶのは楽しいものです。苗木に成り代わって名乗っているようにも、苗木に向かって呼びかけているようにも感じます。

IMG_4733

古代では「呼ばふ」は求婚の意味がありましたし、名を告げるのは心を許すことを意味しました。そう考えるとちょっとときめきます。どちらにしても、私たちは苗木を好きだー!好きになってほしいー!という気持ちを声に載せているのですね。ドキドキ。

DSC01296

さて、いよいよ植樹本番です。みなさん思い思いの場所に移動します。

212825465_org

土を掘り起こして、苗のポットをそっとはずし、根が呼吸しやすいように深植えを避け、苗を持ち上げながら土をほっこらかぶせます。

212825114_org

次に違う種類の苗を選び、移植ゴテ2本分離して植えます。きれいに並べずバラバラに植えていくのがコツです。

212825130_org

次第に熱中します。きつい斜面で足元を気遣いながら植えます。

IMG_4760

真剣な面持ちで、まだまだどんどん植えていきます。

IMG_4754

次第に慣れてきて、みんな楽しそうです。空いている場所を見つけてむらなく植えていきます。

DSC01305

植え終わりました。ひとまずほっとして笑顔です。

IMG_4773

次は藁の登場です。優しく苗の根元を庇い、土が飛ばないように乾かないように地面を覆っていきます。

DSC01311

稲藁束をリレーします。人海戦術です。びっしり敷き詰めました。

212825693_org

最後に、藁がずり落ちたり流れたりしないように縄を張り巡らし押さえていきます。

212825656_org

斜面の上と下で声を掛け合ってひっぱり、タイミングよく竹杭にくくりつけます。気持ちのいい共同作業です。

212825778_org

斜面の真ん中で石を積み上げているのは「石花ちとく」さんです。

IMG_4766

今回の植樹地に設けた夏至ライン(夏至に太陽が沈む方向に樹木に沿って作った道)の中央にて、ライブパフォーマンス「ロックバランシング」で花を添えてくださいます。

IMG_4802

斜面を掘り返したときに出てきた、土地のパワーを持つ石が主役です。不安定に思われた石の力をちとくさんがくっきりと際立たせ、秋の空気の中で、絶妙なパワーバランスが立ち上がりました。

IMG_4816

さて、植樹地はうまく焼けたケーキみたいに立派にできあがりました!みなさまお疲れ様でした。小さなモリの赤ちゃん誕生です!

DSC01318

隊長が宮古島の泡盛ニコニコ太郎をお神酒にしてかけます。葉っぱを型どった御幣で苗木の生育祈願。

212825827_org

土地のパワー石のシンボルは豊穣の女神、土偶のような佇まいです。

212826148_org

モリの専属カメラマンTさんがフレーミング、皆で揃って記念撮影です。くくのち~い!

212826234_org

時間が押してきました。道具を片付けるのもそこそこに、東学グリーンホール(学食)の直会(なおらい)会場へ向かいます。

212826168_org

豪華なお昼ご飯です。隊長の乾杯の音頭。しばし飲食歓談。

212826832_org

東学さんはもともと美味しいので評判ですが、労働の後の食事は格別美味です。おなか一杯になりました。直会担当はNさん、ご馳走さまでした!

212826950_org

ここで、苗木の寄付から植樹その他の指導など、当初からずっとお世話になった進和学園さんに感謝をこめて、KさんとIさんがお礼の品をお渡しします。

212826901_org

メンバーのSさんのご挨拶。今までの経緯も写真で分かるように壁に飾りつけてくれました。

212827222_org

芸術人類学研究所でいつも大変お世話になっている、助手Aさんのご挨拶を頂きました。

212827079_org

出縄社長(研進)に〆のご挨拶をお願いしました。モリグループの新しい萌芽を予感させるようなお言葉を頂きました。

212827303_org

隊長のお礼と一本〆で閉会です。今までにも増して中身のぎっしり詰まった、楽しい植樹祭になりました。ご参加ご協力くださったみなさま 本当にありがとうございました。

(そしてメンバーと準メンバー助っ人さんたちは、この後片付けをして、夜の部壮行会へと繰り出しました。なんともみっちり充実した一日でした。)

*多摩美モリ作り植樹は、第6回をもちましておかげさまで一区切りになりました。
今までいろんな場面で、ご協力ご参加いただいたみなさまありがとうございました。
3年前から、メンバーたちはそれぞれの日常を少し踏み出して、「ドングリから苗木を育て植える」を中心に置き、相談したり働いたり学んだりしてきました。今、グランド横の植樹地は苗木たちを受け入れて、日々新しい自然へと変化しつつあります。私たち自身も何かしらの変容を体験しているようにも感じます。これからモリと共に何が成長していくかをできる限り見つめたいと考えています。

なお、来夏からも3年間毎年、必須の育樹(草抜き)を継続いたします。ご参加大歓迎です。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

*今回は集大成として、様々な視点からモリをイメージしていただけるように、一連の活動から得たメンバーたちの感想や気づきも後日アップする予定です。お読みいただければ幸いです。

多摩美のモリ育樹と稲田堤で極楽ビール

posted on 2014/09/17

01

2014年9月13日、くくのちのモリプロジェクトでは、多摩美のモリの秋の育樹を行ないました。

いや~気持ちいい一日でしたぁ。午前中は多摩美のモリでゴキゲンなお天気の中、草を抜いてすっきり。
午後は稲田
堤の河川敷の飲み屋でまったりと贅沢な時間。
このまま世
界が終わってもいい(?)と思うほど幸せでしたよ。
稲田
堤の「たぬきや」にはすっかりはまりましたので、次回はあなたもぜひご一緒に!

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.756598491066966.1073741863.371509502909202&type=1

21

22

育樹祭2014年6月@多摩美

posted on 2014/07/05

今年初の多摩美術大学での育樹祭は、梅雨真っ最中の6月21日に行われました。天気は雨も降らず、でも適度に曇っていて暑くもなく、野外活動にはちょうどいい条件に恵まれました。

06

10時開始でしたが、早めに帰るため早めに来て作業を開始していただいた方も何人かいました。中には8時半に来て開始していたメンバーも。

07

まず隊長から簡単なご挨拶の後、みんなで作業開始。

32

いつも手伝いに来てくださる方、久々に姿を見せてくれた方、初参加の方、研究所の方、たくさんの方々に参加いただいてにぎやかに開始されました。

08

これまで多摩美での植樹は5回にわたって行われてきました。まずは一番最近、昨年秋に植えたところから雑草取りを開始です。早めに来ていた方がすでにかなり頑張ってくれていて、10時にはだいぶきれいになっていました。

02

そこで、一昨年の秋の植樹地、春の植樹地と範囲を広げて雑草を抜いていきます。イタドリなどが密集しているところが目立ちましたが、みんなでがんばってていねいに取り除いていくと下からひょっこりと植えた苗木が顔を出します。そうやってだんだんきれいになっていきます。

04

でも調子に乗って抜いていると、痛っ!棘が生えたニセアカシアです。根っこが深くなかなか抜けないので、鋸や鎌で切るしかありません。

33

そうやって一昨年の植樹地もきれいになり、更に3年前に植えた場所へ。秋に植えたところも同じようにきれいにします。一方、春に植えたところは、もう樹がかなり大きくなっていて、雑草にも負けそうにありません。ここはもう雑草は抜かず、樹にまといついたツル、蔦を丹念にとっていきました。

25

1㎡あたり3本くらい密植した植樹地ですが、うまく育たなかったりして、どうしても樹が少なくなっているところが出てきます。それに備えてメンバーが家でどんぐりなどから育てたポット苗を持ってきていたので、特に初参加の方を中心に苗木を補植していただきました。ちょっとした植樹祭みたいでした。

31

そうやって、2時間後には無事作業完了、みなさん、お疲れ様でした。その後、多摩美の学食でランチをとりました。

手伝ってくれたみなさん、ありがとうございました。また次の育樹、植樹もよろしくお願いします。
(I崎)

21

(2011年春に植えた苗木はもうこんなに成長したものも。ご満悦の長崎隊長です。)

2014年1月25日 どんぐりハウス訪問 フォトレポート

posted on 2014/01/31

00

ぽかぽか陽気のラッキーな一日、くくのちのモリプロジェクトは平塚の進和学園さんのどんぐりハウスで過ごしました。
看板猫のとらちゃんは少し大人になって、以前の「デレデレ」から「ツンデレ」のテクニックを磨いていました
進和学園さんでは東北の森の防潮堤のための苗木もたく
さん育てているので、規模が拡大、DNAが混ざらないように整理も進化していました。
その中でアウトロー的な存
在のモリプロジェクトの苗木たちですが、元気よく育っていましたよ。
この日は苗木の生長を妨げる雑草と苔をひた
すら取り除く、地味だけどしみじみする作業を、みんなで楽しくおしゃべりしながらいたしました。
初参加のなんと
高校3年生の男子2名も! 深くて自由な思考を持った若者たちで、未来が明るくなった一日でした。
その後は大人たちは新宿に
移動し、さらにディープな歌舞伎町で飲み明かしたのでした。

フォトレポートはこちら。(FBに登録していなくてもご覧いただけます)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.638946526165497.1073741853.371509502909202&type=1

ダブルヘッダー植樹祭 フォトアルバム

posted on 2013/11/22

192073651_org

11月16日、ダブルヘッダーとなった植樹祭、FBアルバムをアップしました。

午前の部@しぜんの国保育園
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.606455932747890.1073741851.371509502909202&type=3

午後の部@多摩美(台風で延期になった10月26日の植樹祭の再設定)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.606470642746419.1073741852.371509502909202&type=3

動画
http://qqmrpj.tumblr.com/

鍬入祭2013年秋@多摩美

posted on 2013/10/19

1s

2013年10月19日、多摩美術大学八王子キャンパスの植樹地にて、翌週の植樹祭の準備をしました。土を掘ってほっこらさせ、縄を用意し、くい打ちをしました。地面の精霊にごあいさつ。来週もお天気大丈夫ですように☆フォトレポートを以下にアップしました。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.590076657719151.1073741847.371509502909202&type=1

26日の植樹祭、まだ参加申し込み受け付けています。ぜひいらしてくださ~い♪
https://www.facebook.com/events/333137530165099/

多摩美植樹地 秋の育樹をしました

posted on 2013/09/16

187307500_org

2013年9月14日、多摩美大グランド脇斜面の植樹地で恒例の育樹(草抜き)が行われました。曇り空に時折ぱらつく雨も、この時期の草抜きには嬉しいプレゼントでした。

2年前から春秋続けられた4回の植樹地は新旧順番に並んでおり、育ち方も一目瞭然。苗木たちはそれぞれがお隣の木々と競い合い思い思いに枝葉を広げ、中には残念ながら枯れているものもあるものの、樹種の違いはさることながら一つとして同じ形状はなく、営々と暑い夏の日を生き抜いています。

187307969_org

187307767_org187307861_org

昨年秋の苗木はまだ幼げ、2年前の苗木はもう人の背丈ほどのものも。木々の陰になるかどうかで他の植物も繁り方や種類が違ってきます。小さな土地でも生き物たちが微妙なバランスでテリトリーを変化させていることがよく分かります。植樹して3年たてば草抜きはほぼ不要になるので、来年の春は一期生はそろそろ自立かな。

187307724_org

自分たちが関わったこの場所に立つと、目には見えない時間というものが背後に流れ、止まることなく生命が変容しているのだと膚で感じられます。

木々は人間より余程寿命が長いので、私たちは木々の未来をぼんやり想像するだけです。自分たちが植えたこの目の前にある苗木たちが100年後200年後、どんな風にこの場所にいるだろうか。汗だくになって夏草と格闘しながら遥か未来に思いを馳せたのでした。

187307395_org

育樹隊の皆様、お疲れ様でした。(U森)

7月27日に苗の整理を行いました

posted on 2013/07/30

July2013

7月27日(土)、モリPJは神奈川県平塚市にある進和学園さんのどんぐりハウスにおじゃまして、預かって育てていただいている苗の整理を行いました。植樹の大先輩Oさんからの指示にしたがって今回行う主な作業は2つ。
・枯れた苗のピックアップ
・鉢上げ(1ポット1苗にします)

暑いハウスの中と外で5時間弱ほどの作業でしたが、だいぶ効率よく動けるようになってきたと思います。苗を可愛がってくださり、きめ細かく当日の準備を整えてくださったOさん、進和学園どんぐりチームのみなさん、本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
フォトアルバムはこちら→
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.548656191861198.1073741841.371509502909202&type=1

第5回くくのちのモリプロジェクト植樹祭2013 しぜんの国保育園レポート

posted on 2013/06/03

s177820748_org

今回の春の植樹祭は、東京都町田市にある「しぜんの国保育園」で5月18日に行われました。くくのちのモリプロジェクト主催としては初めて多摩美術大学以外での植樹祭です。しぜんの国保育園さんとは、多摩美の芸術人類学研究所を通じてご紹介頂き、今年の3月10日に初めて足を運んで話をさせてもらってからとんとん拍子に話が進んで3月28日の下見、5月11日のマウンドづくりを経て、この日に至っています。

177833134_org

ここには公園の木々とは違う、もくもくとしたモリが育つはず、子供たちはどんなことを感じるでしょう、とメンバーも張り切っていました。

177820040_org

午前9時に集合、前の週に植樹の仲間の助けを借りて掘り起し整えた植樹地を、もう一度ふっくらさせるように掘り起します。シートをかけてあったせいか、土は結構柔らかなままだったので一時間ほどで終了し、11時の開始を待ちます。天気もますます晴れていくみたい。

177821097_org

11時少し前から、少しずつ一般参加の親子連れが集まり始めます。最初はちょっといつもと違う保育園の雰囲気のせいかおとなしかった子供たちも、だんだん元気に走り回り始めます。そして一団の園児たちが到着してみんな揃い、いよいよ植樹祭の開始です。

177822506_org

まず、保育園の理事長でもある同じ敷地の簗田寺の住職、齋藤謹也さんからのご挨拶、次に保育園の園長、齋藤紘良先生のお話、いつも助けて頂いている研進(進和学園の営業窓口会社)の出縄社長からのご挨拶と続き、プロジェクトの隊長とメンバーから植樹の仕方についての説明がありました。

177822464_org

みんなわかったかなー。あ、隊長、苗木をポットから抜く前に土を掘ってね。隊長も子供たちの前でちょっと緊張?

177822762_org

そして、いよいよ植樹のはじまりはじまりー。まず、どれにしようかなーと苗木のポット選んで水に浸し、シャベルを持っていざ植樹地へ。坂になっているので気をつけてねー。

177831433_org

初めのうちはスペースもたくさんあるので、お母さんと一緒に植える場所を見つけてまず穴を掘ります。もう少し縦に深く掘った方がいいですよー。そしたらポットからそーっと苗木を抜いて、穴の中で支えながら、土をほっこりするようにかけていきます。よくできましたねー。じゃあもう一本やってみる?

177831714_org

初めのうちはちょっと遠慮気味だった子供たちもだんだん熱中してきたかな、あの子はさっきから何本植えてるんでしょう。あ、みみずだー、おとうさん、見てー。

IMG_2467

だんだんスペースがなくなってきました、どこに植えたらいいの? あの辺まだ空いてますよー。と言っているうちに苗木もなくなってきました。

177832039_org

と、ふと横をみるとちとくさんのロックバランシングが大変なことになっています。なんで崩れないんでしょう……。

177832080_org

苗木を植え終わったら、地面が見えなくなるまで藁を敷き詰めていきます。雑草が生えるのを抑え、乾燥を防ぎ、いずれは肥料になるんですよー。今度は大人が少しがんばって子供たちはお手伝い。

177832242_org

最後にロープで藁を固定して、はい、おしまい。この辺はまだまだ進和学園さんの技と力に頼ってしまいます、いつもほんとにありがとうございます。

177832695_org

最後に植樹地の周りに集合して記念撮影、これから子供たちといっしょにすくすく育っていくといいな。そのためにはしばらく雑草をとったりしてお世話をしないとね。
秋にはまたここ、しぜんの国保育園で、おおきなマウンドを築いて頂いたうえに植樹を行う予定です。みなさん、また来てねー。

手伝ってくれたたくさんのみなさん、ありがとうございました。(岩)

177835794_org
(完成した植樹地とロックバランシング)

「しぜんの国保育園植樹祭」準備作業をしました

posted on 2013/05/14

s177337010_org

2013年5月11日、町田市のしぜんの国保育園にて植樹祭の準備を行いました。その名の通り自然あふれる里山で元気いっぱいに子どもたちが育っているこの保育園。園舎の建て替えに伴う園庭の整備で新たな森を作るお手伝いをくくのちのモリプロジェクトがさせていただけることになりました。
準備作業の様子をこちらでご覧いただけます。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.515029711890513.1073741832.371509502909202&type=1

次ページへ »