くくのち通信:講座レポート

食べ物の起源神話を読む レポート

posted on 2009/09/17

2009年9月5日、いよいよくくのち学舎が正式始動しました。
今日の一つ目の講座は、芸術人類学研究所の石倉敏明さんを講師とした神話研究シリーズ第2回「食べ物の起源神話を読む」。今回はゲストとして、ドキュメンタリストとして幅広く活躍する瀬戸山玄さんをお迎えしました。

090905_1

まず前半は石倉さんの案内で、さまざまな地域の食べ物の起源神話を読んでいきます。
狩猟・採集に関する神話では、人間が動物から火を手に入れる過程や、わたしたちの仲間が死ぬことによって、食べ物が手に入るということについて、一見残酷とも言える神話がいくつか挙げられます。そこには「殺す」ということと自然の贈与との関係、宗教的儀式につながる神話の構造などが見えてきます。
農耕についての神話では、農作物も人間と無関係に産まれてくるわけではなく、女性の死や人間の排泄物が大地の豊穣力につながっていくことが示されています。
このように神話の構造や主題は、地域は離れていても共通なものが見出されることを確認しました。

090905_2

一通り神話を読んだところで、後半は瀬戸山さんをお迎えして、神話の世界の食べ物と現代の食べ物について対談しました。
瀬戸山さんは日本の食べ物をつくる現場をドキュメントするお仕事をいくつかなさっており、そんな現場の経験から、貨幣がない時代の食料確保について、狩猟民と農耕民についてなど、縄文遺跡の話しも交えながら語っていただきました。

90分ではもったいないくらい豊かな内容で、もっとmっと神話と現代の食べ物についての突っ込んだお話を聞きたかったのですが、今回の講座はこれで終了。食べ物の起源神話第2回に期待です。

090905_3
瀬戸山さんが飛騨高山の縄文遺跡で発掘した矢じり

くくのち通信:講座レポート

ノグソフィア(1) レポート

posted on 2009/09/17

くくのちの講座の中でも異彩を放っている「ノグソフィア」第一回目の講座がついに開講です。
講師の伊沢正名さんはみずから糞土師と名乗り、意識的野糞を実践しています。
もともとキノコの写真家として活躍されていた伊沢さんですが、興味があったのは、みんなが注目するキノコの食についてではなく、キノコの分解について。同じ分解の過程としてのウンコにも自然と興味が移り、自然のサイクルとして土に還るべきウンコが、なぜかゴミとして不当な扱いを受けていることに疑問を感じ、野糞を実践するようになったということです。

090905_5

この講座は3回に渡って行われる予定ですが、まず第一回目はウンコと同じ分解を担うキノコについてが主題となりました。
キノコは地面に生えていることが多いため、キノコの写真は上からのアングルが多いのですが、伊沢さんは昆虫の立場に立って地面スレスレのアングルから、キノコをあおるように撮影。いつも見るイメージとは違った姿のキノコが見えてきます。
また、もちに生えたカビや、葉っぱのうどんこ病など、あまり近くで見たいと思わないような分解過程も間近で撮影。すると意外にきれいな胞子や模様が見えてきます。果てはカビを万華鏡で見てみたり、伊沢さんの発想の転換、独特さが生きた写真を、くくのちにちなんで99枚見せていただきました。

090905_6

一見汚い話しに見えますが、ご本人はいたって爽やかな語り口で野糞について語り、カビはくさくない、糞は汚くないなど、目から鱗の話しばかり。糞についての偏見もいつのまにかなくなっていくようでした。が、今回は入門編。次回はいよいよ「ウンコはいかにして土に還るか」を観察。伊沢さんがみずからの野糞を掘り返して、分解する過程を研究した成果をご覧いただく予定です。ご期待ください。

090905_4
伊沢さんの著書。好評で5冊売れました。

講座

はじめての動物弁護士

posted on 2009/09/16

動物弁護士養成講座の第一回目。
この世界は人間が中心にできていないことはよくわかっていても、他の生き物のことはどうしても後回しになりがち。そのうえ、法律は人間だけのためのものだと考えがちですが、近い将来、たんなる環境保護をこえた自然に生きるものたちすべてが主体となる法律が必要になってきます。そこで、くくのち学舎では、動物弁護士養成講座を開設して、これからの自然の権利を参加者と一緒に考えていきます。
今回は、日本ではじめて、実際に動物を原告とした「アマミノクロウサギ裁判」をおこした弁護士の籠橋さんに、動物が原告となる裁判について、またこれからの日本で自然との関係をどうつくっていったらいいか、実践的なお話をうかがいます。